Home Reference Source

Typedef

Static Public Summary
public

アスペクト比を表します。

since 1.1.0
public

Audio Port の種別です。

  • 'none' - None (デフォルト)
  • 'speaker' - スピーカー
  • 'unknown' - 不明
since 2.1.0
public

RTCDataChannelInit のクラスです。 maxPacketLifeTimemaxRetransmits を両方同時に指定することはできません。

public

RTCDataChannel の接続状態です。

  • 'connecting'
  • 'open'
  • 'closing'
  • 'closed'
public

使用するカメラの位置を表します。

public

RTCPeerConnection の ICE 接続の状態です。

public

RTCPeerConnection の ICE ギャザリングの状態です。

public

ICE 通信ポリシーを表します。

public

トラックの種別を表します。

since 1.1.0
public

トラックの状態を表します。

public

映像のサイズ調整方法です。 CSS の object-fit に近い動作の設定です。

public

RTCPeerConnection の接続状態です。

public

RTCRtpTransceiver のトラックの送受信の方向を表します。

since 1.1.0
public

SDP でのマルチストリームの記述方式です。

version 1.1.0
public

SDP メッセージの種別です。

public

RTCPeerConnection のシグナリング接続の状態です。

Static Public

public RTCAspectRatio: string since 1.1.0 source

アスペクト比を表します。

  • '4:3'
  • '16:9'

public RTCAudioPort: string since 2.1.0 source

Audio Port の種別です。

  • 'none' - None (デフォルト)
  • 'speaker' - スピーカー
  • 'unknown' - 不明

public RTCDataChannelInit: Object source

RTCDataChannelInit のクラスです。 maxPacketLifeTimemaxRetransmits を両方同時に指定することはできません。

Properties:

NameTypeAttributeDescription
id number
  • optional

データチャネルの固有 ID を表します。

ordered boolean
  • optional

メッセージの送信順序を保証するかどうかのフラグを表します。

maxPacketLifeTime number
  • optional

メッセージの送信に成功するまで再送を繰り返す時間(ミリ秒)を表します。

maxRetransmits number
  • optional

メッセージの最大再送信回数を示す数値を表します。

protocol string
  • optional

利用する subprotocol を表します。

negotiated boolean
  • optional

利用側のアプリケーションがこのデータチャネルをネゴシエーションしたかどうかのフラグを表します。

public RTCDataChannelState: string source

RTCDataChannel の接続状態です。

  • 'connecting'
  • 'open'
  • 'closing'
  • 'closed'

public RTCFacingMode: string source

使用するカメラの位置を表します。

  • 'user' - 前面のカメラ
  • 'environment' - 背面のカメラ

public RTCIceConnectionState: string source

RTCPeerConnection の ICE 接続の状態です。

  • 'new'
  • 'checking'
  • 'connected'
  • 'completed'
  • 'failed'
  • 'disconnected'
  • 'closed'

public RTCIceGatheringState: string source

RTCPeerConnection の ICE ギャザリングの状態です。

  • 'new'
  • 'gathering'
  • 'complete'

public RTCIceTransportPolicy: string source

ICE 通信ポリシーを表します。

  • 'relay' - TURN サーバーを経由するメディアリレー候補のみを使用します。
  • 'all' - すべての候補を使用します。

public RTCMediaStreamTrackKind: string since 1.1.0 source

トラックの種別を表します。

  • 'video' - 映像

  • 'audio' - 音声

public RTCMediaStreamTrackState: string source

トラックの状態を表します。

  • 'live' - トラックへの入力が継続している状態を示します。 出力の可否は enabled で変更できますが、出力を無効にしても状態は 'live' のままです。

  • 'ended' - トラックへの入力が停止し、再開する可能性がない状態を示します。

public RTCObjectFit: string source

映像のサイズ調整方法です。 CSS の object-fit に近い動作の設定です。

  • 'fill' - アスペクト比を無視してビュー全体を埋めます。

  • 'contain' - アスペクト比を維持しつつ、ビュー全体の中に映像が収まるようにします。 映像とビューのサイズが異なる場合は、映像の両側に空白が入ります。

  • 'cover' - アスペクト比を維持しつつ、ビュー全体を埋めます。

See:

public RTCPeerConnectionState: string source

RTCPeerConnection の接続状態です。

  • 'new'
  • 'connecting'
  • 'connected'
  • 'disconnected'
  • 'failed'
  • 'closed'

public RTCRtpTransceiverDirection: string since 1.1.0 source

RTCRtpTransceiver のトラックの送受信の方向を表します。

  • 'sendrecv'
  • 'sendonly'
  • 'recvonly'
  • 'inactive'

public RTCSdpSemantics: string version 1.1.0 source

SDP でのマルチストリームの記述方式です。

  • 'planb' - Plan B (デフォルト)
  • 'unified' - Unified Plan

public RTCSdpType: string source

SDP メッセージの種別です。

  • 'answer'
  • 'offer'
  • 'pranswer'
  • 'rollback'

public RTCSignalingState: string source

RTCPeerConnection のシグナリング接続の状態です。

  • 'stable'
  • 'have-local-offer'
  • 'have-remote-offer'
  • 'have-local-pranswer'
  • 'have-remote-pranswer'