Home Reference Source

Function

Static Public Summary
public

enableMetrics(): void

メトリクスの計測を有効にします。

since 2.0.0
public

計測中のメトリクスを取得します。 メトリクスはリセットされます。

since 2.0.0
public

音声の出力元を取得します。(iOS のみ)

since 2.1.0
public

カメラやマイクなどのメディア情報入力デバイスのトラックを生成します。 この関数を実行するとデバイスの使用許可がユーザーに要求され、 ユーザーが許可すると、 Promise は RTCUserMedia を引数として解決されます。 RTCPeerConnection でトラックを利用するには addTrack() で追加します。

version 1.1.0
public

setAudioPort(port: RTCAudioPort): void

音声の出力先を指定します。(iOS のみ)

since 2.1.0
public

stopUserMedia(): void

稼働中のすべてのメディア入力デバイスを停止します。 デバイスの停止中はストリームにメディアデータが送信されません。 再開するには getUserMedia を実行します。

Static Public

public enableMetrics(): void since 2.0.0 source

メトリクスの計測を有効にします。

Return:

void

public getAndResetMetrics(): Promise<Array<RTCMetricsSampleInfo>> since 2.0.0 source

import {getAndResetMetrics} from 'react-native-webrtc-kit/src/Util/RTCMetrics.js'

計測中のメトリクスを取得します。 メトリクスはリセットされます。

public getAudioPort(): Promise<RTCAudioPort> since 2.1.0 source

音声の出力元を取得します。(iOS のみ)

public getUserMedia(constraints: RTCMediaStreamConstraints | null): Promise<RTCUserMedia> version 1.1.0 source

カメラやマイクなどのメディア情報入力デバイスのトラックを生成します。 この関数を実行するとデバイスの使用許可がユーザーに要求され、 ユーザーが許可すると、 Promise は RTCUserMedia を引数として解決されます。 RTCPeerConnection でトラックを利用するには addTrack() で追加します。

この関数で生成されるトラックの使用は一度きりです。 再び入力デバイスを使う場合は、再度この関数を実行して 新しいトラックを生成する必要があります。

Params:

NameTypeAttributeDescription
constraints RTCMediaStreamConstraints | null

トラックの制約

Return:

Promise<RTCUserMedia>

トラックの取得の結果を表す Promise 。 エラー時は RTCMediaStreamError が渡されます。

Example:

getUserMedia(null).then((info) => {
  var pc = new RTCPeerConnection();
  info.tracks.forEach(track =>
    pc.addTrack(track, [info.streamId])
  );
  ...
});

public setAudioPort(port: RTCAudioPort): void since 2.1.0 source

音声の出力先を指定します。(iOS のみ)

Params:

NameTypeAttributeDescription
port RTCAudioPort

音声の出力先

Return:

void

public stopUserMedia(): void source

稼働中のすべてのメディア入力デバイスを停止します。 デバイスの停止中はストリームにメディアデータが送信されません。 再開するには getUserMedia を実行します。

Return:

void